震災後の石巻風景

内海橋 

 

 2011年5月14日撮影
  
 震災後2か月後の内海橋です。
 内海橋に乗り上げていた船や家屋は取り 
 のぞかれ、通行ができるようになりました
 が欄干はあちらこちら倒れ掛かっていま
 す。

 

 萬画館と旧ハリストス正教会
 

 

 2011年4月6日撮影

 中瀬にある石ノ森萬画館と旧ハリストス
 教会です。周りはまだ流された家屋等の
 瓦礫が転がっており、歩くこともままなり
 ません。

 

 門脇小学校
 
 
 
 
 2011年4月6日撮影
 
 南浜町にある門脇小学校です。
 震災後火災でこの近辺はすべて焼き野
 原と化しました。
 近くには慰霊のシンボルがあり、多くの
 方々が黙とうをささげています。
 
 
 
 石巻市立病院
 
 
 
 
 
 2011年5月20日撮影
 
 石巻市立病院です。
 市立病院までの道路は、震災で陥没し
 通行が不能となりました。
 
 
 
 
 

2011.3.11東日本大震災後の様子

雄勝総合病院

 

 
 
 
 
 平成24年3月13日撮影
 奥に見えるのが雄勝総合病院です。石巻市雄勝総合支所近くにある病院ですが、震災から1年経っても震災当時のままです。
 
 
 

北上大橋

 
 
 
 
 
 
 
 平成23年9月13日撮影
 新北上大橋も北上町側で橋が落ち通行が出来なくなりました。復旧工事により何とか通行できるようになりました。
 
 
 

雄勝総合支所

 
 
 
 
 
 
 
 
 

平成24年年3月13日撮影
 総合支所前には復興商店街ができました。その名も「おがつ店こ屋街」。
 
 
 

雄勝硯産業伝統会館

 
 
 
 
 
 
 
 平成24年年3月13日撮影
 国内唯一の硯の展示施設でしたが、見る影もありません。かろうじて三角の屋根部分で建物を確認できました。
 
 
 

大川小学校

 
 
 
 
 
 
 
 
 平成24年3月13日撮影
 新北上大橋を下りてすぐ近くにある小学校です。多くの子供たち、先生方が津波の犠牲となりました。
 
 
 

牡鹿総合支所

 
 
 
 
 
 
 
 
 平成24年1月23日撮影
 道路の先に見えるのが牡鹿総合支所です。道路向かいには仮設商店街ができました。
 
 
 

牡鹿ホエールランド

 
 
 
 
 
 
 
 
 平成23年1月23日撮影
 鯨の町牡鹿を象徴する資料館でしたが、展示物の捕鯨船も壊れてしまいました。
 
 
 

牡鹿のれん街

 
 
 
 
 
 
 
 平成24年1月23日撮影
 牡鹿総合支所の向かいに仮設の商店街が登場。観光協会をはじめ、多くのお店が自慢の商品を販売しています。
 
 
 

女川町内

 
 
 
 
 
 
 
 
 平成24年1月13日撮影
 女川の街並みです。瓦礫はほとんど撤去され建物あとだけが残されています。
 
 
 

マリンパル女川

 
 
 
 
 
 
 
 平成24年1月13日撮影
 マリンパル女川です。建物の外観だけが残されています。手前には津波で倒されたビルが横たわっています。
 
 
 

雄勝町内

 
 
 
 
 
 
 
 
 平成23年9月13日撮影
 雄勝の町内に入ったところです。建物の屋上に乗っていた大型バスがようやく下されました。
 
 
 

女川町立病院を望む

 
 
 
 
 
 
 
 平成24年3月22日撮影
 左の高台に見えるのが女川町立病院です。
周りの瓦礫はだいぶ撤去されて、見晴らしが良くなっています。
 
 
 
 
 
 
ページトップへ
Copyright © 2019 石巻商工会議所青年部 All Rights Reserved.